最近おでこが広くなってきたな・・・そんな人にお勧めのAGA治療情報のまとめ

薄毛などに気を遣わなければならないヘッドスタイルになりつつある皆さんが利用するべきAGA治療について詳しく書かれている情報を少しではありますが纏めてみましたので是非一度ご覧になってみてください。

注射によるagaの治療法があるらしいですが、どのようなものですか?

      2017/06/27

毛髪へのダメージの蓄積を気にする女性

研究が進むagaの注射治療

aga治療は、治療薬を服用したり、患部に塗ったりするのが主流ですが、注射による治療も出てきています。開発した医師のオリジナルなものが多く、まだ一般的とはいえませんが、日々研究が進んでいます。

注射の種類と方法

頭皮に直接注射するとなると、さまざまな疑問が湧いてきますよね。

  • 広範囲の頭部にどうやって注射するのか?
  • どんな薬剤を注入するのか?
  • 痛くないのか?
  • 効果はあるのか?

ひとつずつ解説していきましょう。

注射のしかた

従来の注射のように、1箇所ずつ刺していく方法もあります。これは、部分的な薄毛や円形脱毛症のような狭い範囲のものによく使われます。

広範囲に適したものでは、針がたくさんついた医療用ローラーや、頭皮上に細かな穴を開けていくレーザー機器などがあります。

広い頭部に短い時間でまんべんなく薬剤を注入していくことができます。

薬剤の種類
注入する薬剤は、育毛剤や、育毛剤と育毛を手助けするビタミン類を混ぜたもの、プラセンタなどの美容成分、成長因子(グロースファクター)など、いろいろな種類があります。

クリニックの方針やagaの状態などによって、使われる薬剤が異なります。どれも育毛に効果のあるものばかりで、単に頭皮に塗るだけより、大きな効果が期待できます。

気になる痛み

頭皮に微小とはいえ穴を開けるのですから、当然痛みはあります。特に通常の注射器を使う治療は、痛みが強いようです。広範囲用の機器は、痛みをおさえる工夫がなされた設計になっていて、クリニックによっては痛みを軽減するローションなどを使用しています。

また、体質によっては赤くなったり腫れたりすることもあるようです。

効果はどれくらい?

注射によるaga治療は、それぞれのドクターが独自に開発したものが多く、臨床結果も客観的なデータかどうかは判断しかねるところはありますが、育毛剤を塗るだけの治療よりは高い効果が得られているようです。

ただ、こうした特殊な治療は治療費が高く、頻繁にクリニックに通う必要があるため、途中で断念する人も多いのが現状です。

発毛量や持続性などの細かいデータは、もう少し実例が増えてから検証されることになるでしょう。とはいえ、大学や医療品メーカー、研究所などで今も盛んに開発が進められているところです。

もう少し経てば、もっと受けやすく、効果も絶大な治療方法に発展していくかも知れませんね。

 - AGA治療について知っておきたいこと