最近おでこが広くなってきたな・・・そんな人にお勧めのAGA治療情報のまとめ

薄毛などに気を遣わなければならないヘッドスタイルになりつつある皆さんが利用するべきAGA治療について詳しく書かれている情報を少しではありますが纏めてみましたので是非一度ご覧になってみてください。

aga治療は美容目的なので健康保険は適用されないということを理解しておくべし!!

      2017/06/27

aga治療の費用は全額自己負担

aga治療ではフィナステリドなどの内服薬や、ミノキシジルなどの外用薬を投与しています。その他にも頭皮に薬剤を注入するaga治療、後頭部から自毛を採取して移植する自毛植毛と言ったaga治療があります。

フィナステリドの投与なら一般の病院でも受けられますので健康保険が適用されるイメージがありますが、残念ながら健康保険は適用されないです。

これらのaga治療は一般の病院でもagaクリニックでも自費診療となります。健康保険は治療が必要である時には適用されますが、aga治療は美容目的となるために適用されないのです。

そのためaga治療でかかった費用は全額自己負担となります。

どのくらいの費用がかかるのか

フィナステリドの投与であれば1か月あたり6000円から7500円くらいで受けられます。毎月安定した収入があればお支払しやすい費用ですが、投与を止めるとagaがまた始まりますので長期間続けることが必要です。

10年現状維持できればそれから先は年相応の髪の毛が残っていれば良いと言う方であれば10年分の費用をお支払することになります。

1か月6000円としても10年で72万円はかかる計算です。頭皮に薬剤を注入するaga治療や自毛植毛はagaの症状が進行していると100万円以上かかることがあります。

メディカルローンでお支払できることも

これだけの費用をお支払するのは中々難しいものがありますが、agaクリニックによってはメディカルローンでお支払できる場合があります。

メディカルローンは健康保険が適用されない自費診療を受ける時に便利なローンです。agaクリニックが直接融資しているのではなく、提携している信販会社から融資を受ける形になっていることが多いです。

現金や預貯金が足りない時は便利ではありますが利息のお支払が発生します。

個人輸入代行サイトでも購入可

フィナステリドを主成分にしたプロペシアは個人輸入代行サイトでも購入は可能です。一般の病院やagaクリニックでプロペシアの処方を受けるより費用を抑えられますが、個人輸入代行サイトから購入すると本物かどうか不安が付きまといます。

 - AGA治療について知っておきたいこと