最近おでこが広くなってきたな・・・そんな人にお勧めのAGA治療情報のまとめ

薄毛などに気を遣わなければならないヘッドスタイルになりつつある皆さんが利用するべきAGA治療について詳しく書かれている情報を少しではありますが纏めてみましたので是非一度ご覧になってみてください。

生え際の後退に良いのがフィナステリドによるaga治療だということはご存知でしたか?

『Hair loss』

生え際の後退は改善が難しい

agaでは生え際が後退しM字型へ進行する、頭頂部から薄くなりO字型へ進行する症状が良く見られます。O字型よりM字型のほうが改善が難しいと言われています。

それは頭頂部より額の生え際のほうが、agaの原因になっている5αリクターゼ2型と言う還元酵素が多いからです。頭頂部より2倍もあると言われているので中々改善が難しいのです。

その他にも頭頂部より額の生え際のほうが頭皮が固いと言うのも理由の一つです。aga治療では血管拡張効果のあるミノキシジルと言う外用薬がよく使用されます。

外用薬なので頭皮に塗って使用しますが頭皮が固いとミノキシジルの浸透性が悪く、効き目があまり出ないことがありました。

さらに頭頂部より額の生え際のほうが血管が少なく、ミノキシジルの血管拡張効果が発揮されにくいのも原因です。ミノキシジルにはタブレットタイプもありますが体毛が濃くなるなど副作用が出やすいのであまりおススメはできないです。

M字型の改善はフィナステリドで

フィナステリドと言う内服薬であればO字型でもM字型でも改善が期待できます。それはフィナステリドには5αリクターゼ2型を阻害する効果に優れているからです。

内服薬なので口から飲んで使用します。ミノキシジルのように頭皮に塗って使用しませんので頭皮が固い額の生え際でも大丈夫です。

ただしフィナステリドの効果で改善が期待できるのは、5αリクターゼ2型が原因になっている場合のみです。血行不良や栄養不足、円形脱毛症など他に原因がある場合は期待できないです。

フィナステリドは1錠あたり250円、1か月あたり7500円と高価な内服薬を1日1回飲むことが必要です。効果が期待できるのかどうか分からないのに飲むのでは不安でしょうが、そんな時はagaクリニックで遺伝子検査を受けてみて下さい。

遺伝子検査ではフィナステリドの効果が出やすいか事前に調べることが可能です。もし遺伝子検査で効果が期待できないと判明した場合、M字型にも有効な育毛メソセラピーやharg療法などのaga治療を受けることが可能です。

基準>>男性の為の薄毛治療の病院 http://hsclinic.jp/

公開日:
最終更新日:2017/08/28